FC2ブログ
2016. 07. 12  
詩編10:14の御言葉を、今朝皆さんに贈ります。

「あなたは必ずご覧になって
御手に労苦と悩みをゆだねる人を
顧みてくださいます。
不運な人はあなたにすべてをおまかせします。
あなたはみなしごをお助けになります。」

この詩編10篇は、「主よ、なぜ遠く離れて立ち、苦難の時に隠れておられるのか(1節)」という嘆きから始まります。

神を恐れぬ者たちが繁栄するのを、いつまでそのままにしておかれるのかと、いらだちをぶつけているのです。

それはまた同時に、神をしたう者たちが「不運な(=不幸な)」ままでいるのを、どうしてそのままにしておかれるのかとの、いらだちでもあります。

しかし、神もまた、確かにこの不条理な現実を見つめておられるのです。

私のつたない翻訳ですと、14節はこうなります。

「あなたは、まことにあなたは御覧になる、
その災いと悲しみの深さを。
その手にとって、見つめてくださる。」

「手にとる」とは、「我がこととして引き受ける」ことともいえます。

まさにそのようにして、寄る辺なき者たちの「災いと悲しみの深さ」を我がこととして引き受け、じっと見つめておられる神がいらっしゃいます。

「あなたは、まことにあなたは御覧になる、
その災いと悲しみの深さを。
その手にとって、見つめてくださる。」


共に祈りましょう。

主よ、無力感、敗北感におおわれている者がいましたら憐れんでください。労苦と悩みに疲れ果てている者がいましたら憐れんでください。今日も、私たちの歩みをご覧になってくださって、必要なすべてを備えて下さい。     
スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年7月13日 哀歌2:14
NEW Topics
2020年6月5日 福音を恥としない
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR