FC2ブログ
2016. 09. 10  
明日の日曜日には、Ⅰペトロの解き明かしを再開します。礼拝から離れておられる方々も、ぜひ明日、いっしょに御言葉に耳を傾けましょう。

今週は、復習のためにⅠペトロ1章を振り返ってきました。今日は最後、13節を読んで明日に備えます。

「だから、いつでも心を引き締め、身を慎んで、イエス・キリストが現れるときに与えられる恵みを、ひたすら待ち望みなさい。」


「心を引き締めよ」とは、信仰を揺さぶってくる悪魔と戦う備えをせよということです。

「身を慎め」とは「酔っぱらっていてはいけない」という言葉です。

思うようにいかない現実に失望し、やけ酒をあおりたくなる時もあるでしょう。

ただひたすら飲んで飲んで、酔っぱらって、現実を忘れてしまいたくなるような、そんな閉塞感が、無力感が、絶望感が心を満たす時があるかもしれない。

けれども、どんな時も、決して自暴自棄になってはいけないのです。

必ず栄光の主が来られます。その時は、毎日確実に近づいているのです。

昨日より今日、今日より明日と、確実に近づいてきているのです。

キリストは完全な救いをたずさえて、私たちに会いに来てくださるのです。

一歩一歩、主は近づいてきてくださっています。

だから、今日という一日も、心の帯を引き締め、身を慎み、ひたすらイエス様を待ち望み、上を向いて歩いていきたいのです。


共に祈りましょう。

主よ、我らは信じます。やがて天が開き、栄光の主が来られ、この地上からすべての涙をぬぐってくださる時が来ることを。この希望をもって、絶望と戦うことができますように。

スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年9月13日 レビ20:26
NEW Topics
2020年7月8日 人を裁かず
2020年7月5日湘南恩寵教会主日礼拝説教 ローマ2:1-3「他者を裁いている場合じゃない」
2020年7月7日 深い淵より
2020年7月3日 救いの恵みを受け取る
2020年7月2日 他者をよしとするとは
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR