FC2ブログ
2016. 09. 14  
「あなたたちは聖なる者となりなさい。あなたたちの神、主であるわたしは聖なる者である」とは、レビ記19:2の御言葉です。

レビ記19章においては、この御言葉に続いて、「父母を敬いなさい・・、偶像を仰いではならない・・、隣人を虐げてはならない・・」などの、十戒に要約される神様の教えが示されます。

「聖なる者となる」ということは、そういう神様の教えに生きることです。

ただ、神様の教えに生きようと気張り過ぎてはいけません。

あんまり気張り過ぎてしまいますと、そのように生きることのできない自分を裁いたり、他人を裁いたりしはじめて、魂が不健康になります。

それが、いわゆる律法主義です。(私は個人的には、「戒律主義」という言い方をしています。)

人間がどれだけがんばっても、自力では「聖なる者になる」ことはできないことは、いつも覚えていたいと思います。

「聖」というのは、神様だけにふさわしいことです。人間の努力では、そこにはたどりつけません。

でも、その「聖なるお方」に選んでいただいて、特別に取り分けていただいて(=区別)、神との特別な関係をはじめさせていただくというのが、「聖なる者とされる」ということだと昨日確認しました。

私たちが意識すべきは、「自分は聖なるお方につながっているんだ」ということです。

その特別な関係の意識が深まれば、生活は自然に変わっていきます。変えられていきます。


共に祈りましょう。

主よ、今日も、聖なるあなたが私とつながっていてくださることを、感謝いたします。あなたの御手は見えませんが、私の一歩一歩を、手を引き導いてくださって、「区別された」歩みをなすことができるようにしてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年9月15日 エフェソ1:4-5
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR