FC2ブログ
2016. 09. 21  
今日は、ちょっと旧約聖書の研究をしましょう。

「神の子とされる」という恵みは、新約聖書にはっきりと示されますが、旧約聖書ではまだそれほど明瞭ではありません。

でも、旧約聖書にもすでに、そのルーツがあるのです。

例えば、ホセア11:1-4「まだ幼かったイスラエルをわたしは愛した。エジプトから彼を呼び出し、わが子とした。・・・エフライムの腕を支えて、歩くことを教えたのは、わたしだ。・・・わたしは人間の綱、愛のきずなで彼らを導き、彼らのあごからくびきを取り去り、身をかがめて食べさせた。」

神様が、じつに愛情深いお父さんとして、イスラエルを「わが子」として育てたのだと、振り返っておられるのです。

そういう大切な大切な「わが子」だから、「お前を見捨てることができようか!!(ホセア11:8)」と続くのです。


エジプトから呼び出し「わが子とした」、ともありますね。あらためて出エジプト記を見ますと、たしかにこのようにあります。

出エジプト4:22「あなたはファラオに言うがよい。主はこう言われた。『イスラエルはわたしの子、わたしの長子である。・・・』」

このようにしてイスラエルは、そのはじめから「神の子」として扱われて、エジプトから出てきたのです。


長くなってしまったので、続きはまた明後日にいたしましょう。明日は早朝から出張のため、お休みいたします。

共に祈りましょう。

主よ、その歴史のはじめから、神の民に注がれ続けている、あなたの慈しみ深い父の愛に、心から感謝します。父よ、今日も「わが子」と呼んでください。あなたの子である喜びを教えて下さい。



スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年9月23日 申命記1:29-31
NEW Topics
2019年12月13日 マラキ3:19-25
2019年12月12日 マラキ3:13-18
2019年12月11日 マラキ3:6-12
2019年12月10日 マラキ2:17-3:5
2019年12月6日 マタイ3:7「差し迫った神の怒り」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR