FC2ブログ
2016. 09. 28  
私たちが信じる神は、「キリストを死者の中から復活させた神」であるということを覚えて、今週の歩みを進めています。

このような神認識と信仰は、あのアブラハムの持っていたものと同じであると、ローマ4:13-25に書かれています。ぜひ全部お読みください。

旧約聖書のはじめに出てくる「信仰の父」アブラハムと、その妻サラ。

神はこの老齢の夫妻に、子が生まれると約束され、その約束のとおりに息子イサクが誕生しました。

この神の約束を信じたアブラハムの信仰が、「死者に命を与え、存在していないものを呼び出して存在させる神」を信じる信仰だったと言われています(ローマ4:17)。

とはいえ、このような信仰をアブラハムがはじめから確立していたわけではありません。

むしろ彼は、「そんなことは無理ですよ・・・」と、約束を信じられない思いを示したと、創世記17:17にはあります。

でも、そんな彼に、本当に子を与え、「神に不可能はない」と教えてくださったのは、神様のほうです。

アブラハムに信仰を与えて下さったのは、神様です。

イエス様の復活の時もそうでした。弟子たちはみんな「そんなことありえないでしょ・・・」と信じられなかったのです。

でも、そんな彼らの前に本当に現れて、「神に不可能はない」と教えてくださったのは、主イエスです。

信じられぬ私たちに、信じさせてくださるのは、いつも主の憐れみなのです。

そうして与えられる信仰は、「死者に命を与え、存在していないものを呼び出して存在させる神」を信じる信仰なのです。


共に祈りましょう。

主よ、アブラハムから今日にいたるまで、あなたのことを信じ切っていない私たちであることを、本当に申し訳なく思います。どうか、この不信仰を赦して下さい。どうか今日、あなたの恵みと御力を示してくださって、私たちが確かな信仰を得ることができますように導いてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年9月29日 ローマ7:15-25
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR