FC2ブログ
2016. 10. 18  
今週はⅠペトロ2:1-3の御言葉を分かち合いました。

「だから、悪意、偽り、偽善、ねたみ、悪口をみな捨て去って、生まれたばかりの乳飲み子のように、混じりけのない霊の乳を慕い求めなさい。これを飲んで成長し、救われるようになるためです。あなたがたは、主が恵み深い方だということを味わいました。」

生まれたばかりの乳飲み子のように、というのが印象的な言葉です。

母親の乳にがむしゃらにむしゃぶりつく乳飲み子のように、ひたむきに、純粋に、霊の糧を求めなさい・・・。

説教の中で、「乳飲み子は、生まれてきたことの喜びに満たされているように見える」と申しました。

母親である方が、「本当にそうだと思う、感動した」と伝えてくれました。

そして、「またある意味で乳飲み子は、支配的でさえあります」とも教えてくれました。

支配的に、わがままなほどにひたむきに、純粋に乳を求めます。それほどに、与えられた命を生きることに夢中なのです。


私たちもまた、神から「新しい命」を与えられた者です。

「神の変わることない生きた言葉によって」新しく生まれさせていただいたのです(Ⅰペトロ1:23)。

だから、だからこそ、生まれたばかりの乳飲み子のように・・・。


共に祈りましょう。

主よ、乳飲み子のように、ひたむきに、純粋に、熱心に、夢中になれますように、信仰の喜びに私を貫いてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年10月19日 申命記32:45-47
NEW Topics
2020年6月5日 福音を恥としない
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR