FC2ブログ
2016. 10. 19  

「生まれたばかりの乳飲み子のように、霊の乳を慕い求めなさい」と言われています。

霊の乳とは、霊の糧、霊のパンといってもいいでしょう。

「人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」と、イエス様が教えて下さった事を思い出します(マタイ4:4)。

これは、もともとは申命記8:3にある教えです。


ここで言われている「生きる」とはどういうことなのでしょうね。

聖書の民は、「生きている、生きていない」とか「命がある、死んでいる」ということにこだわりました。

まちがいなくこれは、肉体の生命の問題だけではありません。

あなたの体は生きているかもしれないが、本当にあなたは「生きている」のか?と、いつも私たちは問いかけられているようです。



申命記の最後近く32:45-47で、モーセはこのように民に伝えます。これは、モーセの生涯最後のすすめでもあります。

「あなたたちは、今日わたしがあなたたちに対して証言するすべての言葉を心にとめ、子どもたちに命じて、この律法の言葉(=聖書の教え)を忠実に守らせなさい。

それは、あなたたちにとって決してむなしい言葉ではなく、あなたたちの命である。この言葉によって、あなたたちは・・長く生きることができる。」


聖書の教えは、わたしたちにとって決してむなしい言葉ではなく、わたしたちの命である。

このことを心に刻み、共に祈りましょう。

主よ、わたしが今日、本当に「生きる」ことができますように。命の喜びを知ることができますように。そのために、いつもあなたの御言葉が、私とともにありますように。




スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年10月20日 アモス8:11
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR