FC2ブログ
2016. 10. 20  

今朝はアモス8:11の御言葉に聴きましょう。

「見よ、その日が来ればと、主なる神は言われる。わたしは大地に飢えを送る。それはパンに飢えることでもなく、水に渇くことでもなく、主の言葉を聞くことのできぬ飢えと渇きだ。

人々は海から海へと渡り、北から東へとよろめき歩いて、主の言葉を探し求めるが、見いだすことはできない。」

神様は、霊の糧である「主の言葉」の飢饉を与えると言われます。

それは、食糧の飢饉よりも、もっとおそるべき、最も悲しむべき裁きです。

食べるもの、飲むものはたくさんあるかもしれない。でも、主の言葉を聞くことができないで、魂が飢え渇き続ける・・・、そのことが何より恐ろしいことなのです。

今まさに、そのような飢え渇きの中に、たくさんの人がいる。真実の言葉を求めて、あえいでいる人がたくさんいる。

そういう人々は、もはや主の言葉を聞くことができないのでしょうか。

・・・・そうではないのです。

今や、キリストの十字架によって、裁きはすべて取り除かれました。

本当に聴きたいと願うならば、主の言葉はいつでも聖書から、あるいは教会の説教から、聴くことができるのです。

だからこそわたしたちは、霊の糧を慕い求めることに、もっとひたむきでありたいのです。


共に祈りましょう。

主よ、主の言葉を受け取ることのゆるされている幸いを感謝します。どうか今日も、折に適った御言葉を与えて下さって、それぞれの信仰生活を深めてくださいますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年10月21日 詩編119篇
NEW Topics
2020年6月5日 福音を恥としない
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR