FC2ブログ
2016. 11. 30  
日曜日にはⅠペトロ2:18-23の御言葉を分かち合いました。

「・・・不当な苦しみを受けることになっても、神がそうお望みだとわきまえて苦痛を耐えるなら、それは御心に適うことなのです。・・・あなたがたが召されたのはこのためです。というのは、キリストもあなたがたのために苦しみを受け、その足跡に続くようにと、模範を残されたからです。・・・」

不当で不条理な苦しみを受けるということが、私たちの生活の中にもあることでしょう。

でもそこで、悪に悪を返さず、善を行い続ける。横暴な相手にも、「仕える」心をもって接し続ける・・・。

そのように生きようとすれば、苦しみは増します。かつての私ならば、絶対に選択しなかった道です。

しかし、「あなたがたはそのために召された」と言われています。

そのように生きるために、キリストに呼ばれたということです。そのように生きることに、キリスト者の本質があるというのです。

なぜなら、イエス・キリストこそが、そのように生きた方だからです。

「ののしられてもののしり返さず、苦しめられても人を脅さず(21節)」、裁きを神にゆだねて、ご自分は神の御心にしたがうことに徹し続けられました。

そのキリストが、「その足跡に続くようにと、模範を残された(21節)」と言われています。


私はこの言葉に、言い知れぬ慰めを覚えて涙しました。

もし私たちが、キリストのように歩もうとするなら、苦しいでしょう。苦しくて下を向くこともあるでしょう。

でも、それでもキリストのように生きたいと願って苦しむならば、その時私たちの足元には、主の足跡があるのです。


日曜日の晩、妻が説教の恵みを分ち合ってくれました。

「主を見上げようと、いつも心がけている。でも、痛みに曲がって顔を上げられない時にも、足元には主の御跡があるのだと気付くことができた。主は、上におられるだけじゃなく、私の足元にもいてくださるのだと、御言葉が教えてくれた・・」と、分かち合ってくれました。


共に祈りましょう。

主よ、今もし、不当で不条理な苦しみにあえいでいる者がいましたら、どうかその苦しみを取り除いてください。そしてまた、その苦しみの中でも、善を行い続ける力を私たちに与えてください。キリストの御跡をゆくこそ、こよなき幸なれと、私たちに歌わせてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年12月1日 Ⅰヨハネ2:6
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR