FC2ブログ
2016. 12. 06  
日曜日にはペトロの手紙Ⅰ2:22-25を分かち合いました。

24節にはこうありました。「そして、十字架にかかって、自らその身にわたしたちの罪を担ってくださいました。わたしたちが罪に対して死んで、義によって生きるようになるためです。」


面白いことに、ここでの「十字架」というのは意訳でありまして、原語では「木」という字です。

「木にかかってくださった」というのです。

思い出しますのは、ガラテヤ3:13「キリストは、わたしたちのために呪いとなって、わたしたちを律法の呪いから贖い出してくださいました。『木にかけられた者は皆呪われている(申命記21:23)』と書いてあるからです。」

このように、キリストが「木にかけられた」とは、私たちに向けられていた神の怒りと呪いを、ご自身にまったく引き受けてくださったということです。

神の怒りや呪いということを聞いてうれしい人はいないでしょう。だから、敬遠されがちです。

私たちの不信心と不義に対する神の怒り(ローマ1:18)ということ、そしてその怒りゆえの呪いのすさまじさを理解しないと、十字架の贖いの恵みというものが際立ってきません。

あの主の十字架のお姿には、すべての罪人の身代わりとなって、神の呪いをひとりで受けきってくださった方の惨めさがあるのです。

その死によって私たちには、「罪に死んで義に生きる」という命の道が開かれました。

それについては、また明日分かち合いましょう。


共に祈りましょう。

義・聖・善なる神の御名をあがめます。あなたから見て私たちの姿は、どれほど汚らわしいことでしょう。しかし今や、ただキリストを信じるがゆえに、あなたからの呪いではなく、祝福の中で生かされているということを、心から感謝します。主よ、この祝福を今日も深く味わわせてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年12月7日 アモス5:13-14
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR