FC2ブログ
2016. 12. 14  
今日のリジョイスはアモス8章でした。11-12節が有名ですね。

「見よ、その日が来ればと、主なる神は言われる。わたしは大地に飢えを送る。それはパンに飢えることでもなく、水に渇くことでもなく、主の言葉を聞くことのできぬ飢えと渇きだ。

人々は海から海へと渡り、北から東へとよろめき歩いて、主の言葉を探し求めるが、見いだすことはできない。」


このアモス8章には、背信の北イスラエル王国の民に下される、恐るべき裁きの予告がなされています。

その中でも、最も恐るべき裁きこそ、「主の言葉を聞くことのできぬ飢えと渇き」なのです。



わたしたちは、その恐ろしさを、本当に分かっているでしょうか。



どうしても主の言葉を聞きたいという、飢え渇きを経験された方もいらっしゃることでしょう。

昨日の朝岡先生の話ではありませんが、まさしく主の言葉こそが命の源であるということを、経験させていただく時があります。

それを経験するまでは、わたしたちは、主の言葉に対する真剣さを欠いたままでしょうか。

それは悲しいことですね。そして、そのままでは、きっといつまでも、分からないことでしょう。

もしかすると、そのような私たちの鈍感な状態こそが、もう主の裁きの手の中にあるということなのではないでしょうか。

そうだとすれば、恐るべきことです。

その裁きから救い出すために、神の「言」が人となって生まれて来てくださいました。それがクリスマスです。そしてその「言」なる方が、手を差し伸べていてくださいます。

今、私たちにとって、そのイエスの手を握るというのは、聖書に親しんでいくということとイコールなのです。


共に祈りましょう。

主よ。あなたからあふれる御言葉をいただきながら、そのありがたさをわきまえないでいる私たちを赦してください。どうか今日、あなたの御言葉によって命をいただく、驚くべき「みことば体験」をなさせてください。




スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年12月15日 詩編119:97-128
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR