FC2ブログ
2016. 12. 23  
今日は18時よりキャンドルサービスです。ロウソクの灯火に、闇を照らす小さな光を想起して、主を心にお迎えしましょう。

イエス様は、私たちを「罪から救う」救い主として、神から遣わされて生まれてきてくださいました(マタイ1:21)。

罪から救うために、まず、自分の罪に気付かせてくださいます。

そして、悔い改めを与えてくださいます。

今週、「悪に悪を返さないで、かえって祝福を祈りなさい」との御言葉を心にとどめてきました。

しかし、「祝福を祈る」とは、悪をそのまま笑って見逃すことではありません。

そうではなく、呪いや怨念を超えた深い愛をもって、彼が真実に神へと悔い改めて、罪から救われますようにと、悪人のために祈ることです。

悪人が悪人のまま真っ黒に染まって、神の怒りに引き裂かれる永遠の滅びに陥ってしまうことがないようにという祈りです。

その根本にあるのは、あの十字架の上での主イエスの執り成しの祈りでしょう。

「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。(ルカ23:34)」


私たちはみんなこのように、自分が他者に対して「悪」を行っていることも知らない悪人です。

そういう私たちを、罪から神へと向きを変えさせるために、主は生まれてきてくださったのです。


共に祈りましょう。

主よ、クリスマスを祝うこの時に、どうか私たちすべての罪人が、あなたと向き合い、自分と向き合い、悔い改めをなすことができますように。罪から救うために来てくださった、イエス・キリストの愛のゆえに・・。

スポンサーサイト



NEXT Entry
2016年12月24日 降誕祭の祈り
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR