FC2ブログ
2016. 12. 31  
今年も一年間、御言葉を届けるという奉仕を全うすることがゆるされました。主の憐れみと、皆さんの祈りの支えに心から感謝を申し上げます。

来週は一週間、休暇をいただきますので、配信をお休みいたします。また来年もよろしくお付き合いくださいますよう、お願い致します。
**********


今年ももうすぐ終わりですね。来年は2017年。でも来年は本当に来るのでしょうか?

時間はいつまでも永遠に続くわけじゃありません。世界のはじまりを与えられた神様が、終わりを与えられる時に、時間はとまります。今、神様が終わりをもたらされるなら、2017年は来ないのです。
 
神様が終わりをもたらされる時、それを終末といいます。それはキリストを信じる者にとって、慰めの時、救いの完成の時。その時、イエス様は再び来てくださって、罪のない世界、新しい天と地を完成させてくださいます。

2000年前から、クリスチャンはずっとその時を待ってきました。その希望に支えられて、悲しみの多い地上の生涯に挑んできました。

2016年も、私たちはたくさんの涙を流しました。

愛しあうべき人と、心がかみあわないで泣きました。別れの悲しさを味わいました。心に深い傷を受けて、こわくて一歩も動けなくなって、泣いてばかりいた人もいたかもしれない。

思うようにいかない日々に苛立ちました。そのようにして苦闘している方のことを想って、泣きながら祈ったこともあったかもしれない。

どうしても別れたくない人が死んでしまう・・自分もまたいつか死なねばならない・・アダムの堕落から始まったこの悲しい運命。

病気がある、貧困がある、戦争もある、温暖化は進み、放射能は消えない・・。私たちは、そういう罪の悲惨にあえいで、いつも泣いています。
 
しかし、終わりの時、キリストは再び来てくださり、信じる私たちの目から「涙をことごとくぬぐい取ってくださる」と約束されているのです。「もはや死はなく、もはや悲しみも嘆きも労苦もない」と言われているのです(黙示録21:4)。

大事なのは、その終わりの時の希望に支えられて、今という時を、イエス様に心を向けてしっかり生きることです。

神様は、私たちにとって、この世界にとって、大きな意味をもつ一年として、この2016年も与えてくださいました。

私たちは、そんなに大切な一年として、この一年を過ごしたでしょうか?

2017年が与えられるとすれば、それもまた神様が、私たちのために用意してくださる特別な一年に違いありません。

大事に生きましょう。来年が来るのは、当たり前のことじゃないのです。


共に祈りましょう。

主よ、あなたに与えていただいた、365日の時間を想い起します。そのすべての時に、あなたは共にいてくださったことを感謝します。そのすべての時に、私たちのための最善を備えてくださったことを、心から感謝します。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年1月10日 天国人のボキャブラリー
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR