FC2ブログ
2017. 01. 31  
すみませんが、今日は朝寝坊してしまいました。

昨日、DVDで「風に立つライオン」という映画を観ました。さだまさしさんの同名の歌・小説をもとにした映画です。

アフリカの地で、スーダンの内戦で傷ついた兵士たちの治療をし、心身の傷ついた少年兵たちに寄り添い続ける、日本人の医師の物語でした。

素直に、とてもいい映画でした。おすすめします。

内容を話してしまうといけませんが、いくつかの聖句を想い起しながら、映画に見入っていました。

ヨハネ福音書8章の「姦通の女」の場面。イエス様によって、罪をゆるされ、存在をいやされた女性。

彼女に対してイエス様は言われました。「行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない。」

イエス様は、彼女の「これから」の時間をひらいてくださった。新しい生をひらいてくださった・・。

あるいは、ヨハネ福音書12:24「はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。」

これは、イエス様ご自身の十字架の死によって、たくさんの人が救われるという救いを示して言葉ですが、そのようなイエスの献身にならう者たちの献身が、次の実を、また次の実を生み出すのです。


こんな御言葉を心にとどめながら、ぜひご覧になってください。分かち合うことができればうれしいです。

ちなみに、主人公は幼い頃に、シュバイツァーに憧れて医者になりました。

シュバイツァーは、アフリカに赴いた医師であり、偉大な音楽家であり、そして優れた聖書学者でありました。20世紀を代表する、キリスト者の偉人です。


共に祈りましょう。

天にまします、我らの父よ。あなたの愛と平和と正義が、あまねくこの世界に満ち、大地をいやしますように。人々の益のために奉仕するすべての者たちに、上よりの慰めと励ましがありますように。

スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年2月1日 ヨハネ14:6
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR