FC2ブログ
2017. 02. 22  
全的堕落・・・ということを考えることからスタートしましょう。

私たちは罪人であり、よいものを一切持っていません。だから、自分で自分を、神様の合格ラインに導くことは絶対にできません。

神様を知ることもできません。信じることもできません。従うことなんて、できるわけもありません。

しかし、そんな私が、今、神様を知っているとしたら・・。信じているとしたら・・。そして、従いたいと願っているとしたら・・。

それはなぜか?と考えるなら、ただ、神の恵みによってそうしていただいたから、としか考えることはできません。


Ⅰペトロ1:2にこういう言葉があります。

「あなたがたは、父である神があらかじめ建てられたご計画に基づいて、霊によって聖なる者とされ、イエス・キリストに従い、またその血を注ぎかけていただくために選ばれたのです。」

「あらかじめ建てられたご計画に基づいて」とは、神が前もって知っておられたという言葉です。

私が神を知るよりも、ずっと前から神の方が私を知っていてくださって、選んでくださっていたというのです。

ある女性は、教会に通い始めるずっと前から、自分はいつか洗礼を受けることになるのではないかと感じていたそうです。

皆さんお一人一人にも、振り返ってみればずっと前から、導きがあったということがあるのではないでしょうか。

あの時、あの人からの電話がなければ・・。学校前で配られた、あの聖書・・。幼いころに通っていた日曜学校のあたたかい思い出・・。

神は私たちのことをずっと前からよく知って、「聖なる者」とするための計画を立てておられたから、それぞれに不思議な導きがあるのです。

私たちは誰も、神の恵みによって選ばれたからこそ、今の自分があるのです。

そして、私たちの今日までを守り導いてくださった神は、決して裏切ることなく、見捨てることなく、永遠の命にいたるまで支え励ましてくださいます。

だからこそ、今日という日を、この恵みへの感謝の応答として、誠実に生きたいと思うのです。


共に祈りましょう。

主よ、私たちには未来は見えません。しかし、過去に与えられたあなたの恵みが見えます。そして、今、あなたが共にいてくださることが分かります。主よ、私に見える、この今を、精一杯歩ませてください。あなたが見ておられる、私の未来に向かって、私を力強く導いてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年2月23日 詩編139:16-18
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR