FC2ブログ
2017. 02. 24  
日本では古くから「イワシの頭も信心から」という言葉がありまして、どんなくだらないものでも「信じる」者には尊いものになる、と。

これは、大きな皮肉でもあるのでしょうが、とにかくこんな具合に、「何を信じるか」よりも、「私が信じるか否か」ということに重きが置かれてきたのだと思います。

そうしますと、「信じてる」ならもう十分。難しいことは分からなくてもいい。・・ということになりがちです。

しかし、それでは「何を」信じているのかはあいまいなままです。

そうしますと結局は、「自分」が前に出て来ます。「自分」がどう思うか、どう信じるか次第になってきます。

そして残念ながら、「自分」というのは小さく、自分勝手で、またすぐに揺れ動いていくものです。

ですから、「自分」がどう思うか、どう信じるかにこだわる前に、ちゃんと聖書を読んで、歴史的教理を学んで、「何を」信じているのかを確認することが大切です。

聖書には、神はどういう方だと書かれているか。キリストがどういう方だと教えられているか。

神の目に映る今の自分の姿は、どういうものか。そして、神は、私をどのような姿に変えようとしておられるのか。

すべては、聖書をちゃんと読んでみるところから、分かってくることです。

このように書かれている通りです。

「この書物は、キリスト・イエスへの信仰を通して救いの導く知恵を、あなたに与えることができます。聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をする上に有益です。(Ⅱテモテ3:15-16)」


共に祈りましょう。

主よ、今日も聖書を通し、あなたの恵みを教えてください。今、熱心に聖書に取り組む方々を励ましてください。今、礼拝に集うことのできない方々も、聖書を通して、あなたの命に触れることができますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年2月25日 カルヴァンの祈り19
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR