FC2ブログ
2017. 02. 28  
クリスチャンに独特の言葉遣いを天国人のボキャブラリーとして紹介していますが、今日は「仕える」という言葉を紹介します。

私は教会に来るまでは、ほとんど「仕える」という言葉を用いた記憶がありません。

一般的には、上司に仕えるとか、会社に仕えるなどと言う場合があるかもしれませんが、私自身はそのような生き方を避けてきた人間でしたので、そういう言葉遣いをしたことがありません。

しかし、教会に来て、聖書を読みましたら「互いに仕えなさい」と何度も書かれています。

正直言って、最初は戸惑いました。自分のためではなく、他者に仕えるために生きるということが、受け入れ難かったのです。

イエス様はこう言われました。

「あなたがたの中で偉くなりたい者は、みなに仕える者になり、いちばん上になりたい者は、みなの僕になりなさい。人の子が、仕えられるためではなく仕えるために、また多くの人の身代金として自分の命をささげるために来たのと同じように。(マタイ20:26-28)」

この世の価値観をまったくひっくり返したような言葉ですね。

でも今の私には、こういう言葉が本当に胸に迫ってきます。

そんな風に生きることはできないけど、そんな風に生きたいと願うようになりました。

イエスがご自身の命をささげて、罪深い自我にまみれた私を解き放ってくださったからです。


共に祈りましょう。

主よ、あなたが私たちにあずけてくださったそれぞれの賜物(才能、財産)を生かして、互いに仕えなさいというあなたからのご命令に、心とどめる一週間にしたいと願います。主よ、互いに仕え合う喜びを豊かに教えてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年3月1日 ハイデルベルク信仰問答第1問
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR