FC2ブログ
2017. 03. 01  
昨日は深夜に帰宅し、朝起きることができませんでしたので、ハイデルベルク信仰問答の第1問を分ち合うことにします。

生きること死ぬことについて、自分はこれからどのようであればいいのだろうかと、今、考えている方がおられるかもしれません。

そういう時に、いつもヒントにしていただければと思うのが、ハイデルベルクの第1問です。

洗礼を願われる方に、いつもこれの暗誦をお願いしています。ここに、大切なことが全部書かれているからです。

「生きるにも死ぬにも、あなたのただ一つの慰めは何ですか」と問われます。

オランダでは、人が間もなく天に召されようとする時に、牧師がその枕もとで、この問答を確認するのだと聞いたことがあります。

信仰者は答えます。「わたしがわたし自身のものではなく、体も魂も、生きるにも死ぬにも、わたしの真実な救い主、イエス・キリストのものであることです。」

まもなく自分は死ぬのだということをはっきり意識しながら、そのように答えるのですね。

牧師はそれを受け止めて、「そうです。安心して、主におゆだねしなさい」と伝え、その人の体と魂とを神のもとへと送り出すのです。

私たちが平安のうちに生涯を全うし、死んでいくことのできる、ただ一つの慰めというものがあるのです。

では改めて、問と答を記します。

問「生きるにも死ぬにも、あなたのただ一つの慰めは何ですか」

答「「わたしがわたし自身のものではなく、体も魂も、生きるにも死ぬにも、わたしの真実な救い主、イエス・キリストのものであることです。
  
 この方はご自分の尊い血をもって、わたしのすべての罪を完全に償い、悪魔のあらゆる力からわたしを解放してくださいました。
 
 また、天にいますわたしの父の御旨でなければ、髪の毛一本も落ちることができないほどに、わたしを守っていてくださいます。実に万事がわたしの救いのために働くのです。

 そうしてまた、ご自身の聖霊によりわたしに永遠の命を保証し、今から後、この方のために生きることを心から喜び、またそれにふさわしくなるように、整えてもくださるのです。」


共に祈りましょう。

主よ、今日もわたしをあなたの手の中で、あなたの完全な慰めと守りの中で導いてください。私自身の、また愛するお一人お一人の体と魂を、大いなるあなたにおゆだねします。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年3月2日 出エジプト3:14
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR