FC2ブログ
2017. 03. 02  
昨日、夜の祈り会で、出エジプト記3:14に触れました。聖書の中でも、最も重要な場面のひとつです。

「神はモーセに『わたしはある。わたしはあるという者だ』と言われ、また、『イスラエルの人々にこう言うがよい。[わたしはある]という方がわたしをあなたたちに遣わされたのだと。』(出エジプト3:14)」

ここで神様は、モーセに名乗り出ておられます。「わたしは『わたしはある』という者である」と。

イエス様も『わたしはある』と名乗られました(ヨハネ8:24、58など)。

これは、神様のお名前と言ってもいいでしょう。そうしますと、実に不思議な名です。

過去・現在・未来にわたって「ありてありつづけられる」主の存在の確かさを、また「万物をありてあらしめる」創造の力を、あるいは「ご自分のありたいようにある」神の自由を表している、などなど言われます。

そういう、おそるべき、人知を超えた神の神秘を覚えさせられます。

同時に私たちは、この神様の名乗りに、「わたしはここにいる。あなたのために、あなたと共に、わたしはいる」という語りかけを聴き取りたいと思います。

私たちの神はいつでも、「わたしはあなたと共にいる」と名乗り出てくださる神です。

アブラハムにも、モーセにも、ダビデにも、イザヤにも、12使徒にも、パウロにも・・、いつでも三位一体の神は、「わたしはいる、あなたのためここに」と名乗りでてくださったのです。

キリスト教信仰というのは、つきつめていえば、「神が共におられる」ことを信じることとも言えます。


共に祈ります。

主よ、今日も「わたしはある、ここにいる」とのあなたの声が聞こえます。主よ、私たちの一日を守り励まし導いてください。今、悩みの中にある方々を励ましてください。今、大事な試験に臨もうとしている者を励ましてください。


スポンサーサイト



NEXT Entry
天国人のボキャブラリー レッスン16「従う」
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR