FC2ブログ
2017. 03. 03  
私はクリスチャンになってからもう18年になりますが、初めの頃に大変抵抗があった言葉があります。

それは「従う」という言葉です。

福音書を読んでいますと、イエス様は「わたしに従いなさい」ばっかりおっしゃいます(マタイ8:22、9:9、16:24など)。

イエス様を信じるということと、イエス様を自分の主人として受け入れて従うということはセットです。

ですから、「イエス様に従う」ということは避けて通れません。

とはいえ、その言葉に触れるたびに、とても厳しいものを感じてひるむような思いが、私の中にはずっとありました。

しかし最近は、そんな言葉が一番胸にしみるのです。うれしいのです。



イエスに従うということを考えると、どうしても私たちは気負ってしまって、自分は生ぬるくてダメだとがっかりしてしまったり、逆にどこまでも従っていこうとがんばったりしてしまいます。

でも、実はそうじゃなくて、イエス様のほうが私たちの行くところどこにでもついてきてくださるというのが先にあるのですね。

イエスという方は、十字架においてすべての苦しみを背負ってくださった方です。

あらゆる孤独と苦しみを味わわれた方だから、私たちが孤独で泣く時も、苦しくて苦しくて立ち止まる時も、いつもイエスが共にいてくださる。ついてきてくださる。

そういう私と、あなたも共に行かないかと、イエス様は招いていてくださるのです。

それが「わたしに従いなさい」ということです。


共に祈りましょう。

主よ、今日も信仰と希望と愛を与えて下さり、あなたと共に歩む喜びをましくわえてください。職場にあって、家庭にあって・・それぞれの場で生きる苦悩があり、信仰の戦いがあるかもしれません。主よ、我らとともにいてください。そしてあなたに従って、いつも良き判断をすることができますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年3月4日 カルヴァンの祈り20
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR