FC2ブログ
2017. 04. 28  
今日も創世記4,5章を分かち合いましょう。

カインがアベルを殺した、人類最初の殺人の悲劇は、親であるアダムとエバの大きな悲しみであり、人間が味わった深い試練でした。

アベルを失い、カインはさすらう者となって失われました。

ここから広がっていくはずの祝福の歴史が失われたのです。

これはもうどうすることもできません。人間の力では取り返すことはできないのです。神が、憐れんでくださらなければ・・・。

そのようにして打ちひしがれているアダムとエバを主は憐れみ、新たな子を与え、新しい歴史を始めさせてくださいました。

4章25,26節にこう書かれています。

「再び、アダムは妻を知った。彼女は男の子を産み、セトと名付けた。カインがアベルを殺したので、神が彼に代わる子を授け(シャト)られたからである。
 セトにも男の子が生まれた。彼はその子をエノシュと名付けた。主の御名を呼び始めたのは、この時代のことである。」

セトという名には、「神がこの愚かな私たちに授けてくださった・・」という、深い感謝と、悔い改めが響いています。

そして、そのセトの子であるエノシュの時代に、人々は「主の御名を呼び始めた」と伝えられています。

人間が文化の発展とともに傲慢になり、いよいよおのれの力を過信していくカインの系譜の歴史が描かれる一方で、このような、神へと思いを向けた人たちの歴史がはじまったことをも聖書は伝えます。

ここに、世界の希望があるのです。


共に祈りましょう。

主よ、あなたの憐れみによって人間の歴史はつながれ、私たちの命はつながれていることを覚えます。あなたの御名を呼びます。主よ、あなたの憐れみを求めます。主よ、人類を助けてください。私が祈りに覚えるお一人一人を助けてください。私を、憐れんでください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年5月2日 Ⅰペトロ1:23-25
NEW Topics
2019年12月13日 マラキ3:19-25
2019年12月12日 マラキ3:13-18
2019年12月11日 マラキ3:6-12
2019年12月10日 マラキ2:17-3:5
2019年12月6日 マタイ3:7「差し迫った神の怒り」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR