FC2ブログ
2017. 05. 12  
次の日曜日に分かち合うⅠペトロ5:8-11を思い巡らしております。

その中で、「悪魔に抵抗しなさい」との印象的な言葉があります。

「悪魔」について、聖書の他の箇所を調べますと、いろいろと興味深いので、ご紹介します。

そもそも「悪魔」とはどういう存在かといえば、黙示録12:9に「巨大な竜、年を経た蛇、悪魔とかサタンとか呼ばれるもの、全人類を惑わす者」とあります。

悪魔は、あの創世記の最初にアダムとエバの心を惑わして以来、わたしたちを惑わし続けるのです。

あるいはヘブライ2:14、15によれば、イエス様は「死をつかさどる者、つまり悪魔を御自分の死によって滅ぼし、死の恐怖のために一生涯、奴隷の状態にあった者たちを解放」なさったとあります。

悪魔は、死をつかさどる者。その死の恐怖にとらわれているのが、人間であるということです。

死の恐怖にとらわれるがゆえに、わたしたちは、この世のものに執着してしまうのですね。

そうやって、わたしたちの永遠を見る目を曇らせていくのが、悪魔の戦略です。

きついのは、Ⅰヨハネ3:10です(3:8もご参照)。

「神の子たちと悪魔の子たちの区別は明らかです。正しい生活をしない者は皆、神に属していません。自分の兄弟を愛さない者も同様です。」

自分が悪魔のコントロールに置かれていないか、あるいは自ら「悪魔の子」として振る舞っていないか、かえりみたいと思います。

そういえば、「悪魔:ディアボロス」という語は「中傷する者」という意味もあります。

ですから、悪口を言う人、人をそしる人のことを、「ディアボロス」と言われています。

Ⅰテモテ3:11「婦人の奉仕者たちも同じように品位のある人でなければなりません。中傷せず、節制し、あらゆる点で忠実な人でなければなりません。」

原文で読むと、「悪魔のようになるな!!」と言われているようで、ドキッとします。(Ⅱテモテ3:3、テトス2:3も同様)

これはもちろん、ご婦人だけの問題ではありませんね。


共に祈りましょう。

主よ、私たちを、悪魔のあらゆる力から解放してください。あなたの助けがなければ、悪魔にとらわれてしまいます。主よ、今日もひとりひとりをお守りください。疲れを覚える者、心がもやもやと晴れない者たちを、悪魔の罠から、お守りください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年5月13日 カルヴァンの祈り22
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR