FC2ブログ
2017. 05. 17  
創世記を読みましょう。今日は9章です。

9~11節「わたしは、あなたたちと、そして後に続く子孫と、契約を立てる。あなたたちと共にいるすべての生き物、またあなたたちと共にいる、またあなたたちと共にいる鳥や家畜や地のすべての獣など、箱舟から出たすべてのもののみならず、地のすべての獣と契約を立てる。わたしがあなたたちと契約を立てたならば、二度と洪水によって肉なるものがことごとく滅ぼされることはなく、洪水が起こって地を滅ぼすことも決してない。」


大洪水の後、神は「もうこのようなことはしない」と契約を立ててくださって、この契約のしるしとして虹を見せてくださいました。

ここでは、契約を「結ぶ」ではなく「立てる」と言われ、神の側からの約束としての確かさが際立っています。

この被造世界をどのように扱うかは、創造者であり主権者である神の一存で決まります。

その神がまったく自由に立ててくださる恵みと憐れみの約束です。

人間からこの約束を要求することも取り付けることも絶対できないものでした。

この約束によって全生命は支えられているのです。


虹のしるしで思い出したことがあります。ある方の葬儀の時でした。式が終わった時に、大きな虹が出たのです。

それを見て、ご遺族の未信の娘さんと、その友人である教会の姉妹とが抱き合って泣かれました。

姉妹は、ノアの契約の虹を思い出したと言います。

私も、神の憐れみについて考えました。

神は、この地上で生きて、そして死んでいくすべての人間の営みを、深い憐れみをもって見つめ、ご自身のもとに招き続けておられるのだと悟らされ、胸があつくなりました。


共に祈りましょう。

主よ、あなたの憐れみによって、今日も支えられているこの命をもって、あなたを喜ぶことができますように。今日もあなたを悲しませる私たちの世界を、どうか憐れみ、よく導いて下さい。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年5月18日 創世記10:1
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR