FC2ブログ
2017. 05. 26  
昨日は予定どおり、N姉を訪問することができ、共に礼拝をささげることがゆるされました。

主イエスの慈愛に満ちた、静かな時間を過ごしました。手で触れることができるような、聖霊の臨在を覚え、一同深く満たされました。

これから、ご高齢によって外出が難しい方々が多くなる中で、このような機会も増えていくと思います。

話は全然違いますが、昨日、こんなエピソードを知って感動しました。

ヘンリー・ビーチャーという有名な説教者に対して、「すばらしい説教でした。準備にどれだけの時間がかかったのですか」と尋ねた人がいました。

ビーチャー先生は、「40年かかりました」と答えたそうです。彼がその時40歳だったからです。

つまり、生まれ落ちてから、今日までのすべてのことが、説教の準備となっているということです。

「真の説教は、生命に関するものです。その人の成長の度合いにしたがって説教もすぐれたものとなります」と、バウンズという人も言います。

襟を正される思いです。

パウロは、若いテモテに対して言いました。「自分自身と教えとに気を配りなさい。以上のことをしっかりと守りなさい。そうすれば、あなたは自分自身と、あなたの言葉を聞く人々とを救うことになります。(Ⅰテモテ4:16)」

「自分自身」に気を配れ・・・、忘れてはならないことです。説教者自身、まず自らを救うことが必要なのです。

今日から明日の朝にかけての説教準備が豊かに祝福されますように、どうぞお祈りください。

新しくペトロの手紙第二の解き明かしがはじまります。次の日曜日の礼拝説教が、集う人々を「救う」ものとなりますように。

昨日味わったような、あの豊かな礼拝体験。神への畏れと親しさに満ちた、礼拝をささげる喜びが、わたしたちに与えられますように。

みなさんもまた、「自分自身と教え」とに気を配り、自分の魂のケアと、説教者の準備のためにお祈りください。


共に祈りましょう。

主よ、今日の日に、また新しく、より深く、あなたのことを知らせてください。どうか、昨日よりもわずかでも、わたしを成長させてください。そうしてわたしに「救い」を与えて下さい。どれだけ時代がゆがんでいこうとも、人々の心が荒んでいこうとも、あなたのもとにある恵みと真理に、堅く立ち続けることができますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年5月27日 カルヴァンの祈り23
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR