FC2ブログ
2017. 05. 31  
今日はちょっと閑話休題で、昨日出会った印象深い言葉を紹介します。

古賀茂明さんの「日本中枢の狂謀」という本がまもなく出版されますが、その本の紹介の中で古賀さんがこんなことを言っていました。

「性善説でも性悪説でもなく、私は『性弱説』にのっとって物事を考えています。たいていの人は悪い人ではなくて良い人だし、ほとんどの場合、良いことをしているのです。でも、いざ自分の損得が関わってくるとなったら、『(悪いことだけど)やっちゃってもいいかな・・』となってしまう。つまり、弱いのです。」

これは、見事な人間理解だなとうならされました。弱さゆえに、悪へ流されていく。のみこまれていく。


古賀さんは、1万円札が落ちていた場合というたとえもしていました。

だれも見ていなかったら、自分のものにしてしまおうかと思ってしまう、私たちの弱さ。

だって、1万円はうれしいし、なにより、届けに行くのはめんどくさい。良いことって、正しいことって、だいたいいつもめんどくさいのですよね。

イエス様は、人の目を意識して善行をなす「弱さ」を、「偽善者」だと徹底的に批判されました。

だれも見ていなくても、神が見ておられる。または、見ていてくださる。

ここに、信仰が問われる思いがするのです。


あるいは古賀さんは、こんなガンジーの言葉を紹介していました。

「あなたがすることのほとんどは無意味であるが、それでもしなくてはならない。そうしたことをするのは、世界を変えるためではなく、世界によって自分が変えられないようにするためである。」

世界によって、自分が変えられないようにするために・・。流されず、のみこまれないようにするために・・。

私が毎日聖書に向き合うことも、こうして配信することも、自分が変えられないようにするためかもしれません。そして、変えられないようにと願う方々を、サポートするためかもしれません。

ヘブライ書の御言葉を思い出していました。

「イエス・キリストは、きのうも今日も、また永遠に変わることのない方です。(ヘブライ13:8)

「あなたがたのうちだれ一人、罪に惑わされてかたくなにならないように、『今日』という日のうちに、日々励まし合いなさい。わたしたちは最初の確信を最後までしっかりと持ち続けるなら、キリストに連なる者となるのです。(ヘブライ3:13,14)」


共に祈りましょう。

主よ、悪へと流されていく私たちの「弱さ」という罪深さを覚えます。どうか、強くあらせてください。イエス・キリストの強さにあずかることができますように。そして、互いに励まし合い、主の御心をねばりづよく追い求めていくことができますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年6月1日 創世記1-11章
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR