FC2ブログ
2017. 06. 29  
聖書の言葉遣いにおいては、「夜が明ける」というのはよいことです。神様の救いを表します。

でも、実際の私たちの経験においては、心がとてもつらい時というのは、朝がくるのが苦しいですね。

また今日も一日、生きて行かねばならない・・。心が重くて、体も重い・・。動けない・・。


旧約聖書のヨブ記には、そのような私たちの苦悩を代弁するような、ヨブの叫びが記されています。

こんな言葉もあります。「わたしの魂は息を奪われることを願い、骨にとどまるよりも死を選ぶ。もうたくさんだ、いつまでも生きていたくない。ほうっておいてください。わたしの一生は空しいのです。(ヨブ7:15,16)」

・・・私たちは、ヨブほど苦しんでもいないのに、同じように考えてしまう時があるかもしれません。

罪深いことですね。死を望むだなんて・・、神様の思いと反対に向かってしまう。

でも、十字架の主イエスは、そんな私たちを見つめていてくださって、共に苦しんでくださり、赦しを与えるために死んでくださいました。

動けない朝には、十字架の主を、近くに覚えます。


ヨブ記には、こんな御言葉もあります。

「今、光は見えないが、それは雲のかなたで輝いている。やがて風が吹き、雲を払うと、北から黄金の光が射し、恐るべき輝きが神を包むだろう。

・・・神は優れた力をもって治めておられる。憐れみ深い人を苦しめることはなさらない。・・(ヨブ37:21,22)」

今、光は見えない。でも、光が消えたわけではありません。

今、神の恵みや祝福が見えない。でも、神が私を愛しておられないわけではないと、十字架の主が教えてくださいます。

十字架の悲しみが、復活の朝の光に吹き払われたように、私の雲が払われて、神の輝きに満たされる時がきます。


共に祈りましょう。

主よ、十字架の主よ、あなたの愛で、今日の一日を支え励ましてください。今、光が見えずに苦悩する者を、支え励ましてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年6月30日 イザヤ42:16
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR