FC2ブログ
2017. 06. 30  
昨日は東京基督教大学に出かけ、友人である大嶋裕香さんの「キリスト者の結婚」についての講義を、聴講させていただきました。

勝田台教会にも来てくださった、大嶋重徳先生のご夫人です。

いくつかの印象深い言葉をいただきました。

「愛する」とは、「好き」とは違って、沸き起こる感情ではない。覚悟をともなう意志である。

男性と女性は、違う言葉を話す外国人のようなもの。ぜんぜん違う。

でも、違うからこそ、互いが分かりあおうとし、互いに変えられていくことで、私たちは豊かになる。自分の幅が大きくなる。

クリスチャンのすばらしさは、私たちは変わっていくことができるという希望を持つことができること。

自分は変わっていくことができる。相手も変えられていくと信じることができる。それは、神様が与えて下さる変化。

もっともいけないのは、「あきらめ」と「開き直り」。

あきらめず、開き直らず、神様を信頼し、御心に自分を沿わせていこうとするなら、豊かな祝福の世界が広がる。そのために、まずはあなたから、小さな勇気とやさしさを差し出してみてください。


・・・これらの言葉は、結婚関係だけにとどまらない、信仰生活のすべてに関わる本質的なものですね。



神は「嘆きを踊りに」変えてくださる方です(詩編30:12)。

「行く手の闇を光に変え、曲がった道をまっすぐに」してくださる方です。「わたしはこれらのことを成就させ、見捨てることはない」と言ってくださる方です(イザヤ42:16)。


この主に信頼し、共に祈りましょう。

主よ、私たちによき変化をもたらしてくださる、あなたの大いなる御業をあがめます。どうぞあなたの栄光のために、わたしたちを作り変え、わたしたちの周りの世界に、愛と正義と祝福と喜びを広げてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年7月4日 ローマ8:26
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR