FC2ブログ
2017. 07. 07  
聖書の言葉に、違和感を感じたり、抵抗を覚えたり・・・。それが私たちの罪の本質といえると、昨日お話しました。

かたくなな自我と言ってもいいと思います。

神様が、このように信じなさい、このように生きていきなさいと示されることに素直に従えず、抵抗する。そして自分に都合のよいように解釈していく。私などもそうでした。

教会に通い始めた頃、聖書の神様というのは色々と口うるさいものだと、私は感じていました。

神棚のある家で生まれ、小さい頃から宗教ということに親しんできましたが、うちの家の「神様」は楽でした。何もしゃべらないからです。

だから、悪いことをしていても、良心の呵責を覚えさせられることもない。

自分で願いごとがある時だけ、神棚の前にちょこんと座ってお祈りして、その他の時は特に用事はありませんからほったらかしです。

とにかく、何も語りかけてこないから楽なのです。でも聖書の神様は違います。とにかく口うるさいと思いました。

あれも罪、これも罪と言われます。人を殺すのは当然として、口でバカというのも、心でバカと思うのもダメ、永遠の滅びに価する。

自分自身の中にある闇を見つめなさい、歪んだ心を見つめなさいと言われます。

でもそれは・・・、神が私の存在に責任をもって、関わり続けてくださるからなのだと、今は分かります。

なんにも語って来ない神様は楽です。でも、そこにはなんの温度もありません。心が通い合うことがありません。無責任な関係です。

聖書の神はそうじゃない。私たちを創造し、最後まで見守ってくださる方。私はそのようにお前を愛する、愛し続けると約束してくださる方。

だから、私が汚れているのを、ほったらかしにはなさいません。たとえば、こんな風に・・・。

「お前たちが犯したあらゆる背きを投げ捨てて、新しい心と新しい霊を造り出せ。イスラエルの家よ、どうしてお前たちは死んでよいだろうか。わたしはだれの死をも喜ばない。お前たちは立ち帰って、生きよ。(エゼキエル18:31)」

聖書というのは、こういう神からの語りかけを記録した書物です。


共に祈りましょう。

主よ、今日の私たちの一日に、聖書を読む時間を確保させてください。そして、理解できるようにしてください。必要な悔い改めをも導いてください。御言葉によって、生きる勇気を、慰めを与えて下さい。




スポンサーサイト



NEXT Entry
2017年7月8日 死とその意味
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR