FC2ブログ
2013. 01. 25  
「姦淫するなかれ」と命じられる神は、何度裏切られても、なお一途に神の民を愛しぬかれる契約の神です。

エゼキエル16章は、神の民の姦淫がこれでもかと糾弾されたその後に、

こんな福音の予告でしめくくられています。

「だが、わたしは、お前の若い日にお前と結んだわたしの契約を思い起こし、お前に対して永遠の契約を立てる。

・・・しかしお前が契約を守ったからではない。

わたしがお前と契約を立てるとき、お前はわたしが主であることを知るようになる。

こうして、お前が行ったすべてのことについて、わたしがお前を赦すとき、お前は自分のしたことを思い起こして恥じ、

自分の不名誉のゆえに、二度と口を開くことはできなくなる。(エゼキエル16:59-63)」


イエス様による十字架の犠牲と罪の赦しには、こんな神の思いが込められているのです。

今やわたしたちは、イエスの血でたてられた、「永遠の救いの約束」に生かされています。


共に祈りましょう。

主よ、今日の日に、あなたの愛を裏切ることなく、誠実に神の道を歩むことができますように、聖霊の導きをお与えください。一途にあなたを信じ従う、一筋の心をわたしたちに与えてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年1月26日 詩篇101:1-2私訳
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR