FC2ブログ
2015. 05. 26  
昨日はじめて、日曜学校の教師の姉妹たちとの、平日の学び会をしました。

これから毎月一回、継続していきたいと願っています。お祈りで支えてください。

上から「こうあるべき」と押し付けるだけの教育ではなく、イエス様の大きな赦しの愛の中で、子どもたちと痛みを分かち合い、励ましあう、そんな関わり方をしていきたいのです。

教師自身の抱えている、疑いや迷いや、イエス様に従いきれぬ弱さをさらしつつ、でも、その私をイエス様は赦してくださったという喜びと、今より後イエス様のために生きたいと願う小さな決断を、子どもたちに豊かに証しさせていただきたいと願います。

何より、神さまの子どもとしていただいたことの喜びを、豊かに証しできる教師になりたいのです。

あの放蕩息子が、父に抱かれた時の喜びと平安ですね。

こんな私が、神の目にかけがえのない子として、ただ愛されている。

まことにかたじけない、ありがたい・・・、この喜びが、「私も、父を愛したい。父の喜んでくださることをしたい。」との熱心を呼び起こします。

この愛し愛される神との親子関係の喜びが、子どもたちの人生のすべての時間を、強く支える軸となることを信じます。

「御父がどれほどわたしたちを愛してくださるか、考えなさい。それは、わたしたちが神の子と呼ばれるほどで、事実また、そのとおりです。(ヨハネの手紙Ⅰ3:1)」


共に祈りましょう。

天のお父様、あなたの子とされる資格のない私に、走りよって、抱きしめ、接吻してくださるあなたの愛の中で、今日も朗らかに歩ませていただきたいと願います。あなたの子として、あなたの喜びに仕えることができますように。また、愛する子どもたちに、この「あなたの子とされる」喜びを、証しできますように。
2014. 07. 26  
来週からしばらくキャンプなど続きますので、9月9日まで配信をお休みさせていただきます。

暑さが本当に厳しいですが、夏の間の諸行事が守られ、皆さんに喜びが豊かにありますように。
******

明日は「子どもと共なる礼拝」です。子どもメッセージでは、私たちが神の家族に加えられて「神の子」とされている喜びを、共同体全体で確認したいと思います。

近年、「神の子とされる」という教理が注目を集めています。

「神の子とされる」ということにこそ、救いの究極的な喜びがあると、言われるようになってきました。

カルヴァンは、自身の遺言においてこう語っています。

「わたしには、理由なしに子としてくださった神の恩恵のほかには、救いのためにどのような砦も避けどころもない。わたしの救いはただこの恩恵(=神の子とされたという恩恵)にのみ依拠している。」

彼にとって、「わたしは神の子とされている」という恵みの事実こそが、最大にして究極のよりどころでした。

大いなる神が、キリストの贖いゆえに、この小さく罪深いわたしの、お父様になってくださった。

わたしは、この父に愛されている神の子なのだ・・・この確信が、死の恐れをも取り除く、究極の慰めをもたらしました。

この「神の子とされる」喜びに、深まっていっていただきたいと願います。

「御父がどれほどわたしたちを愛してくださるか、考えなさい。それは、わたしたちが神の子と呼ばれるほどで、事実またそのとおりです。(Ⅰヨハネ3:1)」


共に祈りましょう。

主よ、わたしの大いなる父よ、今日もあなたの子どもとして、あなたと共に歩んでいきます。お父様、すべてを守り、慈しみをもって私たちを導いてください。
2014. 04. 16  
今週は受難週です。

ハイデルベルク問37によれば、主イエスは、その地上での御生涯のすべての時に、とりわけその終わりにおいて、

全人類の罪に対する神の御怒りを体と魂に負われました。

それは、この方が唯一のいけにえとして、ご自身の苦しみによって、

わたしたちの体と魂とを永遠の刑罰から解放し、

わたしたちのために、神の恵みと義と永遠の命とを獲得してくださるためでした。


昔、旧約の神殿祭儀においては、羊の頭に手を置いて、神の前で自分が償うべき罪を羊に負わせました。

その羊を屠ることで、自分の身代わりとしたのです。

そういう旧約時代のいけにえ制度によって与えられる罪の赦しと解放は、まだ不完全なものでした。

イエス様の十字架の犠牲によって、ついにそれは完全なものとして成就しました。

もういけにえを繰り返す必要はありません。キリストが、ご自身を唯一のいけにえとしてささげてくださいました。

「・・たとえ罪を犯しても、御父のもとに弁護者、正しい方、イエス・キリストがおられます。この方こそ、わたしたちの罪、いや、わたしたちの罪ばかりでなく、全世界の罪を償ういけにえです。(Ⅰヨハネ2:2)」


共に祈りましょう。

十字架の主イエスよ、あなたの唯一無比の犠牲により、たとえ罪を犯しても赦される・・。この恵みを感謝します。どうかこの一日、あなたへの感謝をもって、罪を犯さないようにできますように、私たちを導いてください。
2014. 02. 21  
三週間前から、この御言葉メールの他に、カンボジアのミッショントリップに派遣されるチームのためにも、朝のメール配信をしています。

一週間ごとに、「選びと召命」、「派遣と献身」というテーマで御言葉に聞き、今週は「愛の業=仕えること」というテーマです。

今日は、ヨハネの手紙Ⅰの4:7-21を、指定のテキストにしています。

特にその中で、7,8節を強く意識して、何度も読んでくださいと指示しています。


「愛する者たち、互いに愛し合いましょう。愛は神から出るもので、愛する者は皆、神から生まれ、神を知っているからです。愛することのない者は神を知りません。神は愛だからです。」


「愛する」という形で、私たちの生き方や行動が変わっていかないならば、本当に神を知ったことにはならないと言われています。

「神は愛です」という言葉は有名ですが、それは慰めであるより前に、私たちを突き動かす衝迫力をもった真理なのです。

「神を愛する人は、兄弟をも愛する」はずだ(21節)。神は「愛」なのだから、神の民は必ずそうするはずだ、と。



そして、若者たちには、以下の問いかけをして、できるだけ言葉にして残してくださいと指示しています。

「神様は、今日のあなたに、どんな恵みを、また希望を、与えてくださいましたか。」
「神様は、今日のあなたに、何をなすべきと示してくださいましたか。」
「今日あなたに与えられた祈りは、どんなものですか。」

みなさんも、ぜひデボーション(時間を主のために取り分けること)して、自分の言葉にしてみてください。

具体的に、今日どのように愛を実践するか。私は、誰の「兄弟」になるべきか・・・。


共に祈りましょう。

主よ、今日の私たちが、思いと言葉と行いにおいて、あなたの「愛」を知る者として、世の人との違いを生み出すことができますように。兄弟を愛する力をください。

2013. 10. 11  
自分の願いをひとつも大切に思ってくれない人のことを、信用できますか?

誰かを本当に愛しているなら、その人が自分に対して望んでいることに、誠実に耳を傾けようとするはずです。

神様に対してはなおさらです。

神を本当に愛するなら、神が私に求めておられるように、隣人を愛そうと努めるはずです。

隣人を愛するということに真剣でないなら、どれだけ聖書を読んだって、祈ったって、神を愛していることにはならないのです。


ヨハネの手紙にも、こうあります。

「『神を愛している』と言いながら兄弟を憎む者がいれば、それは偽り者です。目に見える兄弟を愛さない者は、目に見えない神を愛することができません。神を愛する人は、兄弟をも愛すべきです。これが、神から受けた掟です。(Ⅰヨハネ4:20-21)」

「兄弟」というところを、あなたが今日出会うお一人お一人と考えてください。

道ですれちがう名も知らぬ人さえも、「愛する対象」として見るということを、してみてください。

ただし、決して忘れないでください。上記の愛の教えの直前には、この言葉があるのです。

「わたしたちが愛するのは、神がまずわたしたちを愛してくださったからです。(同19節)」


共に祈りましょう。

神様、あなたから求められていることは本当に難しいですが、あなたの教えに対して誠実でありたいのです。神よ、私の貧しい愛を励ましてください。愛に生きる喜びを教えてください。
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR